和歌山の屋根外壁塗装・リフォーム全般【オレンジホーム】

和歌山で外壁塗装、増改築、屋根・外装工事、内装工事、設備工事、リフォームの事ならお任せください。

和歌山の屋根外壁塗装・リフォーム全般【オレンジホーム】

外壁塗装 施工の流れ

着工前挨拶

着工前挨拶
工事中は、ご近所様にご不便・ご迷惑をおかけするので、必ず工事が始まる前にご挨拶に伺います。
工事をする旨を一言お断りしておく事がマナーでもあり、またトラブルを未然に回避する事にもつながります。

流れ

足場着工

足場着工
仮設足場・養生シートなどを設置します。足場のメッシュシートがカーポートやベランダのアクリル板や波板に
触れる場合が多々あるため、工事前にそれらを取り外します。

流れ

下地調整

下地調整
主に手作業で行う作業です。
汚れやほこりなどを掃除し、次にサンドペーパーやナイロンタワシのようなもので研磨をして素材表面に微細なキズをつけて荒くして、
塗料の密着性を高めます。
見た目にはわかりませんが、耐久性に大きく差が出ることになるので重要な作業です。

流れ

高圧洗浄

高圧洗浄
家の塗装の高圧洗浄は、外壁や屋根の塗装面にこびりついたカビや汚れを高圧の水流によって洗い落として、
塗料の接着をよくするために行います。
網戸やアルミサッシまで、家一軒まるごと洗浄します。
コケや汚れの上から塗っても、素材にくっつかずに塗装が宙に浮いているのと同じです

流れ

養生

養生
家の塗り替えには、アルミサッシ、窓、地面の床、植木や植物など塗料がついてしまうと不都合な場所がたくさんあります。
塗装作業には、少なからず家のまわりに塗料が飛ぶことがあります。
そのために、ビニールやテープ、布などで覆って、塗料の飛び散りをふせぐことを「養生」といいます。

流れ

下塗り

下塗り
下塗りは、その上から塗る塗料がはがれないように接着させる作業のことです。
外壁・鉄部・木部など家の塗り替えには、さまざまな素材が使われています。
素材が変われば下塗りも替える必要があります。
木部は湿度によって収縮しますので、それに対応できる下塗り塗料を、鉄部の下塗りは、サビ止め塗料を塗ります。
いずれの下塗りも、仕上げの色とは違う色を塗ることになるので、下塗りが塗れていることが確認できます。

流れ

中塗り

中塗り
中塗りで塗膜に厚みを持たせます。
ヒビの多い壁はより厚みを持たせてひびを防止するドロドロとした塗料で塗り替えます。
汚れや、カビが気になる外壁には、シンナー系の高品質塗料で再発を防ぐなど、家の傷みの状況に応じた塗装を施していきます。
木部や鉄部は、壁よりも傷みが早く、壁は平気でも木部や鉄部が先に傷む家は数多くあります。
また、凹みの部分はハケで先に塗り、最後にローラーで仕上げていきます。

流れ

中塗り

中塗り
外壁は3回塗りの3層仕上げです。
基本は3回塗装ですが、陽がよくあたる方角では傷みが激しくて4回塗りしなければ十分な塗膜が張ることができない場所もあり、
箇所にあった回数で塗っていきます。
木部や鉄部の場合は、すべてに同じ塗り回数よりも、傷み方による塗り回数のほうが、長持ちさせることができます。

流れ

確認チェック作業

確認チェック作業
家全体を細かく養生しても、塗料の飛び散りやはみだしなどは必ず出てきます。
汚れた箇所をシンナー等で細かく掃除していきます。
また、念入りに作業しているつもりでも、最終チェックで塗り残しを発見することも少なくありません。
足場を解体してからでは遅いので、現場責任の職人が念入りに最終チェックを行います。

流れ

足場解体・清掃・完了

足場解体・清掃・完了
完了までのあいだ、足場で窮屈感を感じさせたり、日常の生活に不自由なことも多いと思います。
足場が解体されるとさらに美しく見えます。
その後、掃除をして完了・お引渡しとなります。
また、工事中はご不便をおかけした旨を近隣の方にきちんとご挨拶します。

トップページ外壁塗装施工の流れ施工実績Q&A会社概要個人情報保護方針お問い合わせ

オレンジHOME株式会社